SUB MENU

不動産を購入するコツと任意売却の関連性は非常に高い

利点に目を向ける

任意売却による購入の有利性

任意売却といっても特別な売却方法ではなく、不動産の取引上競売に拘わる及び拘わる可能性のある物件の売却方法で不動産売却方法として便宜上使われているものであり定義化されているものではありません。 物件においては任意売却か一般売却かの線引きの難しいケースもあります。 それでも敢えてその差を挙げますと、任意売却は不動産売買契約上瑕疵担保責任は免除されている事と販売期限があることです。 何故瑕疵担保責任が免除されているかの理由としては任意売却の売主には販売後の責任能力がないことです。実際それら売主の殆どが自己破産しています。 それ故、一般売却の一割引きが前後が任意売却価格となっています。 どちらが得かは一概に言えませんが任意売却物件のほうが安く買えるものです。

経験豊富な業者を選ぶ

任意売却は売主の意向より債権者の意向が強く、売主が幾ら価格的に了解しても債権者の了承がなければ取引は成立しません。 任意売却物件の債権は住宅ローン引き受け会社から既に住宅ローン保証会社及びサービサー(債権回収会社)に移っている場合が殆どで競売申し立てを起こしているのは住宅ローン引き受け会社ではなくサービサーが殆どです。よって任意売却の主導権はサービサーが握っていると考えて差支えありません。 ところが任意売却物件の債権者には複数の債権者が同時に存在している例が多いものです。 サービサー以外の債権者とはクレジット会社であったり他のサービサーであったり国であったり地方自治体であったり複雑なものです。 その為には全ての債権者との交渉事に長けている業者の腕の見せ所と言えます。